主婦のためのお得情報サイト【主婦得】

身近なお得情報・おすすめ商品(アプリ)等をご紹介していくブログです。(雑記多め)

余った年賀はがきの使い道??交換・換金で有効活用♪♪

nengajo

もうすぐ新年ですね。皆さま年賀状はもう出しましたでしょうか?

最近はメールやラインなどで済ませてしまう方もいますが、やはり年明けから年賀はがきがポストに入っていると嬉しい気持ちになりますよね。

 

しかし、毎年多めに買ってしまう年賀はがきが余ってしまうことありませんか?

最近はプリンターをお持ちで写真等をご自宅で印刷する方も多いです、たまに印刷ミスやインク切れでプリントミスをしてしまうことも多々あります。

我が家でも毎年必ず数枚は印刷ミスしていますw

今回はこのように余ってしまったり書き損じや印刷ミスをしてしまい使い道のなくなってしまった年賀はがきの活用法をご紹介したいと思います。

余った年賀はがきの活用法

さて、毎年なぜか余ってしまう年賀はがきや書き損じはがきですがw

余ったからとそのまま眠らせておいたり、失敗したからと捨ててしまっては1円にもなりませんしもったいないですね。

そんな年賀はがきを上手に処分・再利用してしまいましょう

 

郵便局ではがき・切手・レターパック等に交換

実は余った年賀はがきは郵便局の窓口に持っていくとはがきや切手などに交換してくれます。

もちろん書き損じてしまった年賀はがきでも大丈夫で普通に交換してもらえます。

 

しかし、いくつか注意点があります。

まず一枚につき5円ほどの手数料がかかってしまいます。

それと、去年の年賀状を今年の年賀状に交換することはできません。(今年の年賀状であれば交換できます)
通常のはがきや切手に交換してもらいましょう。

手数料は5円かかってしまっても書き損じや印刷ミスのはがき等は使えませんので、交換してもらったほうが良いと思います。
例外として、身内に不幸があり喪中であった場合のみ年賀状販売期間中は手数料無料で交換してもらえますので覚えておきましょう。

 

現金に換金する

余った年賀状は金券ショップで換金することができます。

相場はだいたい1枚30〜40円くらいでしょうか。
印刷されているイラストやキャラクター等で多少の金額の上下はあります。

因みに細かいことですが・・一度郵便局で切手等に交換してから売りにいったほうが少しだけ高くなったりします。

 

懸賞や普通の郵便で使用する

年賀はがきは普通の郵便として使用することもできます。

その際は「年賀」の二文字を線等で消してから投函するようにして下さい。

普通の郵便で年賀はがきを使用するのに抵抗がある方も多いので、懸賞に使われている方のほうが多いですね。

 

寄付をする

余った年賀状や書き損じはがきは、ユニセフ等のNPO法人を通じて寄付することができます。

こちらは社会貢献にもなりますので、立派な活用法だと思います。

検索サイト等で「年賀状 寄付」と検索すれば沢山出てきますので、好きなところを選びましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毎年余ったり書き損じた年賀状は数も多くなく微々たるものだとしても・ただ眠らせておくよりは郵便局に用事で行ったついでに交換してくれば有効に再利用できます。

 

何についても言えることですが、こういった細かくて小さなことの積み重ねが長い目で見たら結果的には大きな【節約】になります。

小さなことで面倒かもしれませんが、上手に節約できる方は知識や情報に常に貪欲で行動力もあるものです。

去年より前の年賀状たちが棚に沢山眠っているかもしれませんので、もし見つけたら華麗に復活させてあげましょうw

 




スポンサードリンク

      2017/11/29

 - お買物・節約術, 生活・懸賞