主婦のためのお得情報サイト【主婦得】

身近なお得情報・おすすめ商品(アプリ)等をご紹介していくブログです。(雑記多め)

どうしたらいいかわからない!?電力自由化でお得に電気代節約しよう

---- スポンサードリンク ----

power

いよいよ来月4月1日から「電力自由化」が始まりますね。

最近は様々な企業がこぞってTVCMや街頭でアピールしていますね。

とはいえ私たち一般庶民にとっては「電力自由化」によって何が変わるのか?日々の生活にどういった影響があるのか?

よくわかっていない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は「電力自由化」についての簡単な説明から、お得に電気代を節約する方法などをご紹介したいと思います。

電力自由化とは?

そもそも電力自由化によって何が変わるのかを簡単に説明したいと思います。

今まで「電気」というものは地域によって決められた電力会社としか契約することができませんでした。

しかし2016年4月1日から家庭に向けた電力小売りが全面自由化されます、これにより様々な企業が消費者に電力を直接販売することができるようになったわけです。

 

 

電力自由化の影響

今までは東京電力や関西電力のような大手電力会社の独壇場であったわけですが、自由化に伴い様々な業種の企業が電力の販売を始めます。

消費者は数ある企業の中から自由に選ぶ権利を持てるようになるので、当然企業同士での競争が始まることは予想できますね。

競争が始まるとどの企業もライバルに負けないようによりお得なプランやサービスを提供するため、結果的に電気料金は今よりも安くなる可能性が高くなります。

その中で消費者は自分の生活スタイルにあった電力会社を選んでよりお得に節約できるというわけです。

 

 

自由化のメリット

一番のメリットはやはり「選択の幅が広がった」というところです。

4月以降も別に契約変更をしなければ電気が停まってしまうというわけではありません、何もしなければ今のままの電力会社を使い使用料金もさして変わりません。

しかし「時間帯によって電気料金が格安になるプラン」「携帯電話やガス料金とのセット割引プラン」など電力会社により様々なお得なサービスがあり、自分の生活スタイルに合ったものも必ずあるはずです。

 

契約変更が面倒だな・・・と思っている方も多いと思いますが、手続きはかなり簡単で各社のサービス窓口やサイト等から申し込みをするだけです。

今まで契約していた電力会社への解約手続き等も基本的には切り替え先の電力会社が全てやってくれるので面倒なことは一つもありません。

数ある電力会社の中から自分に合ったところを探せるサービスについては後ほど説明します。

 

 

自由化のデメリット

消費者が自由に契約会社を選べるようになるのは嬉しいことですが、契約会社によってはデメリットや多少のリスクがある場合もあります。

まず契約電力会社との解約時に手数料が発生する場合があります、「契約期間満了日の3カ月前に解約した場合は手数料発生」など・・契約会社によって様々な条件があります。

 

他にも携帯電話料金やガス料金などとのセット割引プランの場合、合算払いが条件になっていたり・・どちらかの料金を2ヶ月滞納すると同時に止められてしまうことがある等の場合があります。

こういった細かい条件等については契約電力会社によって異なるので、契約前にご自身で調べるかお問い合わせをしてある程度は把握しておく必要はあります。

 

 

電力会社の選び方

よりお得で安いプランの電力会社を選ぼう!と思っても、いざ探してみるとかなりの数の会社が出てきて困ってしまいます。

一つ一つ全ての電力会社をチェックするわけにはいきませんので便利な「電力会社比較サイト」を利用しましょう。

 

電力自由化に伴い「住んでいる地域」「今の電気料金」「自分の生活スタイル」などの細かい条件から自分に一番合った電力会社を検索・比較できる「電力会社比較サイト」というものが最近増えています。

使い方もとても簡単なサイトが多く、気に入った電力会社があればそのままサイト上で契約申し込みもできるものもありとても便利です。

無料で検索・比較ができ、現在の電気料金からどれくらい安くすることができるのか確認することもできるので有効に活用しましょう。

 

(主な電力会社比較サイト)

新電力 一括.jp

電力比較サイト エネチェンジ

価格.com 電気料金比較

 

 

まとめ

電力自由化で料金プラン・電気の種類・サポートなど自由に選ぶことができます。

来月以降は電力会社同士の価格競争も始まることでしょう。

 

なにも4月1日から契約会社を必ず変える必要はありませんので、そんな価格競争を見守りつつ・・様々な電力会社の動きをチェックだけはしておくようにはしましょう。

来年はガスの小売も自由化されるようですし、今後は消費者である私達も冷静に料金比較をして上手に選択すればさらに節約することも可能になると思います。

 

最近はこの電力自由化を利用した悪徳詐欺も増えていると聞きます、選択の幅が広がったかわりに消費者自身でしっかりと優良な契約会社を判断・選択できるかが重要になってくるのかもしれません。

 

---- スポンサードリンク ----

      2016/03/26

 - お買物・節約術, 生活・懸賞